2011年04月03日

追悼。。そしてお願い。

お友達の 
☆わくぱく成長日記☆ショコラちゃん 
震災で亡くなりました。

shocora100301-2.jpg



ショコラママからの手紙抜粋して お知らせします。


震災の3日前から 主人の実家 宮古市に遊びに行っていました。
あの日 用を済ませるため 一人で自宅に帰る途中 地震にあいました。
すぐに津波と火災。
宮古市に戻る事は出来ないと思い 近くに住む両親と避難しました。

道路はふさがれ2日見動きがとれず 3日目に山道を通り自宅へ
出張していた主人は自宅に帰っていて無事でした。
義父も職場の人達と無事でした。

宮古市の 義母 息子 愛犬は 行方不明
毎日毎日探しました。
1週間くらいの時 義母と愛犬は残念な姿で・・・

生後2か月の息子は 今も行方不明
心が折れそうだけど 息子を探すまではと強く思っています。


固定電話が繋がらずネットもできません
心配しているブログ友だちに こんな状況ですと伝えてほしいとの事でした。



ライフライン・ケイタイは今は良いようです。
食糧もなんとか。
現状は テレビでみるよりひどいようです。
自衛隊の方がたが 良くして下さって
息子ちゃんを探してくだそっているそうです。
ショコラちゃんは 走っている姿のまま亡くなっていたそうです。



息子ちゃんが一日も早くママの所へ帰れますように
心より 亡くなった皆さまの ご冥福をお祈りいたします。




なまなましく手紙から伝わってくる 悲しみ悔しさ不安さ・・・
茫然としました。言葉は 思いつきません。

こんな時に 頑張れと言えるのか?
慰めの言葉 励ましの言葉 など なんの意味があるのか・・・

みんなにお知らせせず
なにもせずに そっとしておく方がいいのではないのか


お知らせするべきか 悩みました。


でもね

苦しくても 生きていく 生きないといけない。 

今はね なにを読むのも無理だと思う。
これから先も つらくて読まないかもしれない。
愛犬のブログを 思い出したくないかもしれない。 

でもでもでも 
いつか落ち付いた時 もしかして心が折れそうな時 どうしようもなく不安な時
心配している仲間を 思い出してくれたら
たくさんの言葉の中から なにか暖かな小さな光を見出す事ができれば
なにもしないよりは。。。 そんな思いで記事にしました。



最後まで読んでくださった皆さんへ お願いします。

思いつく限りの 励ましの言葉 慰めの言葉 
みなさんから 暖かいコメントを たくさん頂けましたら幸いです。


ニックネーム SHO at 10:01| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする